船舶免許の取り方を紹介

小型船舶免許の取得方法について解説します

小型船舶免許の取得をお考えの方に、どうやったら免許を取ることができるのかを解説します。小型船舶免許は、正確には小型船舶操縦士免許と言います。ボート・ヨット用の「一級」と「二級」、さらに水上バイク用の「特殊」の三種類に分かれています。一級と二級の主な違いについてですが、海上を航行する際に一級は制限がないのに対して、二級は海岸から5海里(約9キロ)までの範囲までしか航行できません。

ただし、一級でも80海里(約150キロ)以上の沖合を航行する場合には、必要な資格を持つ者を同乗させる必要があります。小型船舶免許を取得するには、二つの方法があります。直接、小型船舶操縦士国家試験を受験するか、登録小型船舶教習所において講習を受講する方法です。教習所に通って学科及び実技修了試験を受験し、合格すれば国家試験が免除されて免許が取得できます。

これは自動車免許を取得する仕組みとほぼ同じです。小型船舶免許を取得できるようになるのは基本的に18歳以上ですが、5トン未満限定の二級免許であれば16歳以上で取得することができます。小型船舶免許を取得すれば、自分自身で船を操縦して楽しむことができます。一方で船長としての責任を負うことにもなります。

ライフジャケットの着用義務や酒酔い操縦の禁止など、守るべきルールがたくさんあります。これは自動車でのシートベルト着用が義務であったり、飲酒運転の処罰が厳しいのと同じです。レジャーを楽しむと同時に、常に安全を心掛けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です