船舶免許の取り方を紹介

小型船舶の操縦が可能になる小型船舶免許

小型船舶を操縦するためには、小型船舶免許を取得する必要があります。モーターボートなども小型船舶に該当するので、上記の免許の取得が必要です。現在取得できる小型船舶免許は3つの種類があります。ボートやヨットを操縦するために必要となるのは、一級小型船舶操縦免許証か、もしくは二級小型船舶操縦免許証です。

水上オートバイを運転するために必要な免許は特殊小型船舶操縦免許証で、それぞれ運転できる船舶の種類が違います。上記の免許を取得していない人は、小型船舶に船長として乗ることができないので、小型船舶に乗る時は必ずこれらの免許を持っている人が必要になります。小型船舶免許の制度は平成15年に変更されていて、制度が変更される前は5つの区分に分類されていました。現在おこなわれている制度の中にも、以前の制度と似たようなものがあります。

二級小型船舶操縦免許証の免許は、さらに2つの種類に分けられていて、通常の二級免許の他に湖川小出力限定という種類の免許があります。この湖川小出力限定という免許と似たような免許も、以前の制度には存在していて、湖川小馬力という名前で呼ばれていました。通常の二級小型船舶操縦免許証と湖川小出力限定の大きな違いは、小型船舶を運航できる地域が違うことです。通常の二級免許は、海岸の一定の地域を運航することができますが、湖川小出力限定の免許は湖や川などの地域だけでしか、船を運航することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です