船舶免許の取り方を紹介

小型船舶免許は持っていなくても運転できる?

小型船舶免許で乗ることのできるのは、免許を持っている人だけとイメージしている人もいますが、正確に言えば違います。小型船舶免許を持っている人が運転するボートやクルーザーに乗るのは、船の店員数に合っていれば免許の有無は問わないのが一般的です。家族旅行へ出かけて父親と母親が交代で運転をし、免許を持っていない小学生の子供たちが同乗している場合などがこれに当てはまります。つまり、小型船舶免許と運面免許証は同一と考えていいでしょう。

陸の上を車で走るか、海の上を船で走るのかの違いだけです。時々勘違いする人もいますが、乗船している人が1人免許を持っていれば同乗している人が無免許でも運転をしていいといううわさはデマとなります。自動車免許と同様、免許証は1人1枚発行される物です。発行された本人以外運転してはいけないことになっているのは、免許証を取得している人なら良く知っています。

これと同様に、小学生の子供が父親が酒を飲んだから運転できないとして自動車を運転するような問題です。同乗者が小型船舶の免許を持っていたとしても、自分が取得していないなら絶対に運転をしてはいけません。子供だけではなく、大人でも決して運転しないようによく周知しておくことが必要です。特に特定港、船の通り道となる航路では、無免許運転は絶対にしないように注意することが大切となります。

なお、多少例外もあるため、よく確認してから運転することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です