船舶免許の取り方を紹介

小型船舶免許があればヨットで海を横断できる?

時々ヨットで単独世界一周や太平洋横断などを行う人がいますが、小型船舶免許を取得すれば誰でもできるのか、疑問に思う人も少なくありません。結論から言えばできないわけではないです。理論上1級小型船舶免許を取得していれば、世界中の海の航行が可能となっています。そのため、免許を取得しており、なおかつ自分のヨットを持っているなら可能です。

しかし、海外の海へ出かけるときには、6級以上の機関海技士の資格を持つ人を同乗させなければならないという決まりがあったはずだと思っている人もいます。確かに沿海区域から80海里、または海岸から100海里を超える場合には6級以上の機関海技士の資格を持つ者を同乗させなければいけないという決まりがあることは事実です。しかし、全ての船に適用されるわけではないといいます。実はこの決まりには例外が存在しており、ヨットに関しては機関海技士を載せる必要がありません。

エンジントラブルがあっても帰れなくなることがなく、帆があるから風の力を受けて時間はかかっても帰港できることが理由だといいます。そのため、小型船舶免許を持ってさえいればヨットに乗って単独で海を横断することは可能です。ただし、海でなぎの状態になったときに対応する精神力の強さや、ある程度太陽光で電力を確保するなど、小型船舶免許とは違った部分でのノウハウが必要となります。自分もやってみたいと思うなら、経験者の体験談を参考にしてから実行することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です