船舶免許の取り方を紹介

小型船舶免許の取得方法

趣味の釣りが高じて自らモーターボートを操縦して沖釣りをやってみたい方もいるのではないでしょうか。沖に出た方が陸から釣る魚よりも大きな魚が釣れるためダイナミックでより臨場感が味わえるはずです。モーターボートを操縦するためには一級または二級の小型船舶免許を取得しなければなりません。いずれも24m未満のプレジャーボート、その他の船舶は20トン未満の操縦が可能です。

一級小型船舶操縦士免許は小型船舶で操縦できる範囲は無制限ですが、ただし条件があります。二級小型船舶操縦士免許は、海岸から5海里、約9kmまでの海域を操縦できます。水上オートバイを操縦する際は小型船舶免許では操縦できないため、特殊小型船舶操縦士免許の取得が必要です。一級・二級の小型船舶免許を取得するには、2つの方法があります。

一つは独学やモータースクール等で学び、小型船舶操縦士国家試験を受験する受験コース。もう一つは登録小型船舶教習所で講習を受講し、国家試験と同じ内容の学科・実技修了試験を合格し、合格すれば国家試験の学科と実技が免除される教習コースです。身体検査は指定試験機関で受験します。教習コースの登録小型船舶教習所は、国土交通省のウェブサイトで確認できます。

教習日程等のスケジュールは教習所によってことなるため、教習所のウェブサイトなどで確認するとよいでしょう。小型船舶操縦士免許を取得すれば、より充実した釣りライフが楽しめるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です