船舶免許の取り方を紹介

小型船舶免許の種類と取得方法を知ろう

小型船舶免許は20トン24m未満の船舶を対象とした免許です。船舶にはタンカーや大型旅客船のような種類もありますが、このカテゴリーは海技士という別の免許に分類されています。そのため、クルーザーやヨットなどを操縦するためには小型船舶免許の取得が必要です。また、この免許も1級、2級、特殊の3つに分類されているため、操縦したい船舶の種類や海域に合わせて取得する必要があります。

具体的な分類については1級は100海里・全海域で航行でき、2級は平水区域と5海里、特殊は2海里までで水上バイク専用になっています。ただし、1級・2級と持っていても水上バイクは操縦できないルールになっています。そのため、例えばクルーザーと水上バイクの両方を操縦したいなら1級と特殊の両方を取得する必要があります。小型船舶免許を取得するためには国家試験を受ける必要があります。

試験では実技試験と学科試験が行われ、身体検査もクリアしなければなりません。ただし、一部の免許スクールの中には国家試験免除のところもあります。このスクールでは指定のカリキュラムを受講した後で修了試験に合格すれば免許申請が出来るようになります。独学でも受験は可能ですが、実技試験では操縦技術や離着岸、人命救助などの技術が問われるため経験のない方は合格が難しいかもしれません。

そのため、多くの人は教習所やスクールで免許の取得を目指します。教習日数については教習施設によって違いはありますが、概ね1級が4日、2級が2日、特殊が1.5日程度になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です