船舶免許の取り方を紹介

代表的な小型船舶免許の種類やポイント

小型船舶免許は興味がある人にとっては良く知られているものですが、あまり関心がない人の場合には全く知らないことも少なくない免許です。しかし有名芸能人が所持していることが話題になったことがあるため、存在を知っているという人もいます。漁業関係の仕事をする人やマリンレジャーにまつわる仕事をする人にとっても身近です。また釣りが趣味な人にも魅力のある免許といえるでしょう。

そのような小型船舶免許といえば、基本的1級や2級を指していることが多いです。1級は航行できる区域に制限がないのが特徴です。この免許を持っていれば、外海で魚釣りをすることもできるようになります。小型船舶免許の2級は1級よりも範囲が狭いのが特徴で、海岸からおよそ9キロほどまでのところまで行くことができます。

モーターボートや釣りなどの気軽なレジャーに向いているほか、範囲内にある離島への移動にも利用することが出来るのが魅力です。小型船舶免許の取得に関するよくある質問には、国家試験を必ず受けなくてはならないのかということが挙げられるでしょう。しかし実際は国家試験の受験なしで免許取得することも可能です。これは自動車の免許と同じで、認定教習所を利用して修了審査に合格すれば免許を取ることができるようになっています。

講習を受けた後にすぐに審査が受けられるのが魅力で、短期間で小型船舶免許を取りたいという場合には早く取れることが多いので向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です