船舶免許の取り方を紹介

船舶免許を取得するときの基本を抑える

海で仕事をしたい場合や趣味でボートを楽しみたい場合には、船舶免許が必要になります。当然ですが、モーターのついていないものに関してはこの限りではありません。これは自動車免許を持っていなくても自転車に乗れるのと同じ理屈になります。自転車はモーターがついていませんので、免許証というのがありませんが、船舶に関してもモーターが付いているものでなければ免許が必要ないと言えるわけです。

船舶免許を取得する場合、基本的に覚えておきたい事は通常国家試験を受験する必要があると言うことでしょう。船舶といえども、船の動かし方がいい加減ならば大きな問題を起こしかねません。海に人がいる可能性もありますので、これは自動車の運転免許証と同じように周りの安全等を確認しながら行わなければいけないわけです。海の上だからと言って、必ずしも安全とは限らないといえます。

ただ、必ずしも国家試験を受けなくても良いと言われているのが特徴かもしれません。香織に教習所や、専門の学校などがありそこに通うことで船舶免許を取得することができます。どちらに通ったら良いかは、近くにあるかどうかで判断するのも1つの方法かもしれません。特に内陸部に関しては、教習所等がないケースもありますのでその場合には教室に通ってみるのが良いかもしれないです。

教室に通う場合どれぐらいの期間通う必要があるかと言えば、免許の種類によって若干異なります。長くて4日から5日になります。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です