船舶免許の取り方を紹介

船舶免許の更新手続きはいつ行うのが良いのか

船舶免許は一度取得すると資格自体は生涯にわたって有効ですが、交付される免許証には5年の有効期間が定められていることから、実質的には有効期間のある国家資格であるとみなせます。長く船舶を操縦し続けたい場合は船舶免許の更新が必要ですが、手続きができる期間が有効期限日前1年間と非常に長く設定されていることから、いつ手続きを行えば良いかで悩む人が少なくありません。船舶免許の更新を行うのに良いといえるタイミングは、講習を受け付けている施設が空いている時期です。講習を行う施設の多くは、免許の更新だけでなく、新規に取得を目指す人や失効した人なども利用しています。

繁忙期といわれているのは夏で、施設によっては講習の枠がどんどん埋まってしまい、希望の時期に受講することが難しくなります。逆に気温が下がる冬は、講習の受講者が少なめで、比較的予約がとりやすい状況となるので、受講のタイミングも決めやすいです。受講時期を決めるときは、ギリギリのタイミングにならないように気をつけましょう。受講を先送りにし続けて、有効期限が近づいてくると、講習の選択肢も狭まってしまいます。

最悪の場合、遠方にある講習実施施設に申し込んで、時間やお金をかけて受けに行かなければならなくなります。免許証が失効しても講習を受ければ新しいものを取得できますが、このとき受けることになる講習は更新時に受けられるものと比べると長時間で、受講費用も高く設定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です